せぐの人体実験

メンタル不安定ながらも、不安定な物事が嫌いではない人間のブログ。

孤狼の血

f:id:red1segment:20180513064023j:image

待ちきれず朝イチ予約して観に行きました。昭和63年頃、まだ暴力団対策法などがなかったころの、お話です。

 

フィクションと言いつつ、知らない世界だからリアルな感じがして

 

時代感もよく出ていました。

 

カッケー俳優さんたちは、もう少し普段と違ってカメレオンして欲しかったかな。

 

役所広司扮するオオガミみたいな刑事がいたら、オーラすげーわな。と思いつつ、辺りを見回すと、客層がいつもと違う!ここは襲名披露会場か?!しかもエンドロール始まるやいなや出て行くわ、マスク率高いわ、、わなわなわな。