せぐの人体実験

メンタル不安定ながらも、不安定な物事が嫌いではない人間のブログ。

アメリカンドッグのケチャップ引き

A県のRくんはただいま11歳。

目下取り組んでいるのは

近所のSで購入してきたアメリカンドッグのケチャップ引き。冷蔵庫から取り出してきたご当地ケチャップで丁寧に筋をつけていく表情は真剣そのものだ。

「アメリカンドッグはSのが一番美味しいんです。」とRくんは語る。

しかしそこに、アメリカンドッグを買ってきた母親からの罵声が飛ぶ。

「しゃべりながら塗るんじゃないよ!」

その瞬間R君とわたしに緊張が走る。ケチャップがわずかに歪む。

屈託無く笑うRくん。 

「失敗は成功のもとですから。」

気づけば2歳にはもうケチャップを塗っていたというRくん。スパルタ式だ。

ケチャップは自分のお小遣いで専用を買います」お小遣いはギリギリのよう。

夢はコンビニでアメリカンドッグを買った人に「引きますか?」と声をかけてサービスする所属ケチャップ引きだそうだ。

まだ浸透していない仕事だ。高校の夏休みには流しでアメリカンドッグのケチャップ引き行脚をしてみたいという。

 ーーRくんにとってケチャップとは?

トマトピューレですね。

ーーRくんの将来の夢は?

ケチャップになりたいですね、ゆくゆくは。

ーーマスタードは使いませんね?

あ、僕あれ嫌いなんです。

ーー ......。