せぐの人体実験

不安障害と躁鬱もち。メンタル不安定ながらも、不安定な物事が嫌いではない人間のブログ。

ありがたやイチゴ

f:id:red1segment:20180227201810j:image

以前、

2つのことを同時にできないから話しかけないで

と、どう森をしていたママ友さん。

お子さんも時を違えて同じことを言ったという曰く付きの親子だ。

 

そのママ友が、私宛に作って贈ったつもりのバレンタインを(ママ友の娘さんが持ってきたために)下の子の××が食べてしまったという経緯があった。だからか、

 

このイチゴは××君じゃなくて(爆)、せぐさん専用なのー。

 

と、相変わらずの破壊力で、イチゴをくれた。

 

ヘタの下の白いところも甘いから!

 

と言われた通り、糖度計があったら見てみたいくらい甘い。あとからLINEで、私がここ最近食欲がないのを知っていたから、心配してわざわざくれたとのこと。

 

とてもありがたい。

 

そして、せぐ専用と言われたけれど、他の家族にも自慢がてら味見してもらった。

 

また、面白かったのは、その娘さんがママ友のバレンタインを持ってきた時、コソーリ娘さんは自身で作ったチョコを足していた(それも下の子用に!!)ことが今日はっきりとした。それは、小さい包みだったため、大方、わたしが食べてしまった。

 

当日、どうりで、娘さんの名前入りの小さな袋をLINEで、「〇〇ちゃんの名前入りタグのは私がもらっていいのかな?××(息子)かな?」と聞いたら、「××が食べてもいいよ」となんともおもろい塩対応したのか!

 

合点がいった。それをテーブルで話してたら、男衆が、

塩対応が女親子、そっくりやなー!

 

ほんにのう。