せぐの人体実験

メンタル不安定ながらも、不安定な物事が嫌いではない人間のブログ。

Discussion 議論

f:id:red1segment:20180215233723j:image

『啓蒙型と、ダウンロード型』という意味です。人は大きく、「新しい領域に踏み込んで物事を知覚する好奇心の人」と、「過去の出来事からデータを集約して物事を知覚する自己の範囲内での経験重視の人」に分けられるそうです。

 

あなたはどちらですか?

 

議論は大切です。

今の時代、最少の語彙やスタンプで感情をやりとりするからこそ、なおさら、大切。長い言葉を避けてるような昨今。

 

と、今日ある若者から、教わりました。

 

オンラインのみで交流する、やや私がその言動がしばらく気になっていた、若者です。 

 

その子は、自分の世代でまじめに議論しようとすると、友だちが引いて減るのでは、と危惧しています。

 

友だちなんて、そういうものではない、とは書かなかったけれど、そういう話ができない相手は深い大切な友だちには、ならないだろう、と、大人の私は思います。

 

それは今の若者には、伝える必要のないこと。

若者の実体験をもって知ってほしいことです。

 

なんだかんだで、1時間近く、筆記を通して、議論をしました。

 

この世で信じるもの、

無価値だと思うもの、

議論とはそもそも何か。

 

私が大切にしている観念・『宗教』についてはバッサリ斬られました。

が、『哲学』には興味はなくはないらしい。まだ議論の余地はあります。

 

若いだけに、新しい視点として考えさせられる意見もあれば、若者が年月を経ていつか思い出してくれたら、と思うことも、述べたりしました。

 

なにしろ、その時にならないとわからないことも多いのが、人生の皮肉です。

"Eureka!! " が訪れる日が来るように。