せぐの人体実験

メンタル不安定ながらも、不安定な物事が嫌いではない人間のブログ。

餃子・餃子・餃子

 f:id:red1segment:20180206143731j:image

昨日夜、下の子どもとご飯の時に、長めに話ができた。

 

下の子は大の餃子好きだ。

餃子好きではない上の子がバイトで、夜の賄いを食べてくるたまの土日などは、「とりあえず王将に餃子食いに行こう!」

とノリノリになる。

家で昼過ぎから100個作って、夕方まで待てずに作りながら食べたことも何度か、ある。

そんなとき、家は家で違う風味だから、と上の子が、意外と食べてくれたりする。

謎だ。

 

茶碗蒸しもそうだ。家なら食べる。

謎だ。

 

 

ただ、今はそんなに100個作るぞう!と準備実行委員の体力がないため、家ではどうしても、チルドや冷凍のを山のように買ってきて焼くことでしのいでいる。

 

そんな餃子ラブの下の子が、

 

「浜松と宇都宮、どっちかいい方に、卒業記念・餃子旅、よくない?」

と言い出した。

 

「か、またはシンガポール。」

差が大きい。でもなるべく飛行機は乗りたくないらしい。敢えて乗るならシンガポー、らしい。

 

ディズニーや海外をを回りきれないだろう私への気遣いかもしれない。

 

きっかけは、冷凍庫に取り寄せたばかりの宇都宮餃子セットを見て、まだ食してないのに、興奮してしまったのだ。

 

子「浜松と宇都宮ってさ、近い?」

私「ぬ?

浜松も宇都宮も習っただろうが、、

浜松はすぐ横の静岡、宇都宮は栃木だ。

浜松は東京ディズニーに行く時、1回目くらいで、高速で休憩に停まるやん。そこで前、でかい餃子食ったやん。あそこが浜松だ。近いとこだわね。」

子「それならいつでも日帰りで行けるねぇ。」

私「そうだねぇ、卒業記念にしては、勿体ねぇ。近すぎるなぁ。姉貴(ミラコスタ二泊とディズニーホテル二泊)のと比べたらしょぼいわなぁ、でも、確実に、安くて、旨いわなぁ。ディズニーの飯は×××からな!」

子「ケケケケケ!! (今彼のトレンドらしい変な笑い方)、じゃ、宇都宮は遠い?」

私「そりゃ栃木だもん。遠いさぁ。私も行ったことね。いいかもなぁ。東京より向こうだよ。新幹線で東京まで行って、移動する。んであちこち行って、たらふく食って、ビジネスホテル泊まって帰ってくるだけ!シンプルイズベストかもしれんな。これお父さんに相談してみよっか。」

子「うん。本気でいいな。餃子オンリー・餃子オンリー。」

 

病み上がって元気になった子からしゃがれていない「ケケケケケ」が聞けた。

それに、卒業記念に行ってみたいところも、本人から聞けた。

よかった。