せぐの人体実験

メンタル不安定ながらも、不安定な物事が嫌いではない人間のブログ。

止められる・止められる

f:id:red1segment:20180128004245j:image

レザボア・ドッグスを選んだのは、とにかくみんなが無茶苦茶喋っていてそっからどれが本当かわからなくなって行くところの面白さから。

 

えと、最近家で、話す時とあまり話さなくなる時が混在して、難しそうな話には口を出さないし、なんかスケジュール的に把握したい時は話に混ざっていこうとするんだけど、

 

わたしが

繰り返しの確認が多いことと、

当たり前の正論を言ってることと、

なんか関係ない話になるからうるさいってことと、

そこまであなた(わたし)は考えなくていいからってことで、

 

とぴしゃりと目に見えない三和シャッター(玄関用ハエ対策)みたいのを閉められてる感じがします。

 

家族からしたらわたしの心配性が広がって行くから食い止めてくれているのだろう。そこは分かるんだけど、

わたしからすると、ちっさい子はわかんない話だから黙ってなさい、って言われてるようで、なんか不貞腐れてしまう。

 

んで、たまに黙って聞いてるとわたし抜きの時に決まってた話、とか、わたしだけ知らない話が、たくさんある。で、へぇ、って聞き直すと、なんか寂しい。

 

 

わたしは臥せて置いてけぼり(これまた情けない)だけど、

 

世の中のいそがしいお父さんがあんな感じで家族の話から置いてけぼりにされてるのかな?と少しお父さんの悲哀を味わったのだった。

 

うん、やはりお父さんは分かってない、とか言うけど、それはお父さんだけのせいじゃないんだよ。

偽お父さん、呟く。

 

そして、お父さんのエリートは、サラリーマン川柳に選出される。これが上がりだ。

 

とりあえず、私は、ラジオのハガキ職人になりたい。