せぐの人体実験

メンタル不安定ながらも、不安定な物事が嫌いではない人間のブログ。

笑いについて、考える。

f:id:red1segment:20180103002358j:image

家族のメンバーが用事で出かけたり、時間が被るから、と、時期柄さまざまなテレビ番組を録画している。

 

大方お笑いが多く、当然、当たり外れもある。タモリのようにじわじわ笑えるものもある。うちはとりあえず笑いに関しては、下ネタも何も規制は無い。

世の中も、多様性に富んだ笑いになってきたと思う。

 

録画は早くから目をつけて予約しているときもあれば、ハッと気づいてギリ間に合うこともある。その分見逃して、、といっても所詮テレビなぞ24時間経てば録った事すら忘れてしまい、大したことない。

 

ただ、お笑い好きとしては、

このユニットは昨年とネタの方向が変わった、とか、

おもしろのベクトルをわざと変えた、とか、

内容は違えども型通りだな、とか、

あれこれ感想を言いながら1つずつ見たりする。黙ってみるときも、ある。

 

例えば和牛は玄人感が出過ぎたのかな、とか。銀シャリの背広は銀シャリ色と呼ぼう、とか。ジャルジャルは漫才なのか言葉遊びなのか難解になってきてる、とか。

とりあえず、それぞれが、ごく主観的でどうでもいいことで、議論風に盛り上がる。

 

1日の笑点は良かった。城島の座布団を昇太が抱えて抵抗するところとか、カオスで良かった。

ゴッドタンの劇団ひとりも、立派だった。

 

とりあえず漫才、お笑いのつくものは録ってみて、あとから見直す。オンタイムでCMや風呂時間などをあれこれやりくりして考えるより楽だ。

 

 

家族で一致したのは、

出川哲郎のポテンシャルとプロ性の高さ、お笑いという世界における希少性には毎年驚かされること。

みやぞんの出現とありのままの存在に他の芸人はかなり怯えているだろうということ。

 

面白くしようとしてないのに面白いという新しい枠組みの中、面白くなりたいを目指してやってきた人の絶望感は計り知れない(自分もその1人だ)。天然には勝てない。

 

いずれにしろ、笑われるのが芸人という揶揄した言い分は、少しここ2、3年で変わってきた気がする。中には完全にこちらが笑わされているものがある、と思う。

 

板尾課長のように(板尾課長は板尾の感性により緻密に計算されていたと思う)、いとも簡単に

出落ち

ができてしまう人が増えた。いいことだ。ニュータイプだ。

 

とりあえずギスギスした世の中、面白いものに人が金を払う余裕と文化があれば、ある意味その国はまだまだ平和なのだ。

一億総白痴化、などのテレビの陰謀については、

「受け手の私たちが考えることをやめなければよい」のだ。

 

面白いものの定義は各個人で差があることはさておき、とりあえず、平和なのだ。これでいいのだ!