せぐの人体実験

メンタル不安定ながらも、不安定な物事が嫌いではない人間のブログ。

緊張しても、安心しても。

f:id:red1segment:20171125133009j:image

上は私が作った「病み病み」クリエイターズスタンプです。持病のある方に、おススメです。昨日の私みたいなので、押してみました。

https://store.line.me/stickershop/product/1050532/ja

 

不安障害になると、まずよく起こるのが睡眠障害(寝付けない、中途覚醒する、朝起きれない、なぜか何度も起きる)です。

 

良いことがあっても、不安なことがあっても、はたまた楽しくて夜更かししても、とにかく情緒が大きく振れると、どうしても睡眠障害が起きることになります。

 

私は使い捨ての耳栓をしないと、昼間の仮眠もできません。近くに大きな道路があることもありますが、近所のお子さんのキャッキャも、うっとおしくないのに「眠れない」。神経質の権化です。嫌だなぁー。

 

ちょっと前は集合住宅にいて、となりのラテン系の方が夜爪弾く寂しげなラテンミュージックでジプシーのような異国情緒を味わって眠りに。

時に、反対の隣の人が傍受でもしているのか、どう聞いてみても日本の抑揚と言語ではない謎のニュースと、アジア系でありつつ違和感のある歌謡曲のようなものを聞いて、「欧米ではないか!」とだけ確信しながら寝たことも。

 

そんな頃は誕生日にSONYの受信幅の広いダイヤル式のラジオが欲しかったですね。(約・12000円)

あ、いまでも欲しいです。

 

でも、今はiPhoneSEを耳栓した耳のそばに置いて、ボリューム1で、「三四郎オールナイトニッポンゼロ」でも聴こうかと思います。

 

意外と小宮はきちんとしてるんだね、、相田は、たまにぶっ飛ぶこというね、、と2人の完成された形式美に安心すると、眠りに落ちてます。

 

こんな風に活動・眠り・活動・眠りとを繰り返す、ワンセグです。