せぐの人体実験

メンタル不安定ながらも、不安定な物事が嫌いではない人間のブログ。

三角チョコパイ事件

f:id:red1segment:20171116200530j:image

まぁ、アホみたいな話だが、本当の出来事なので、書き記しておく。二度とこのような惨劇が起きないように、、

 

数日前、家族のメンバーの1人が、

三角チョコパイ、買って帰ってくるなら

どちらがいい?と黒、白のアンケートをとって家を出た。

しかしそいつは3日経ってもお土産に三角チョコパイを買ってこない。

 

痺れを切らした別のメンバーが、

わざわざ店の前から色の数の確認をして、黒4、白1とマクドナルドに寄って持ち帰ってきた。

そして紙袋を開ける。

 

茶色いパッケージ1、白いパッケージ4...

あれ、デザインのレトリック?でも違うようだ。

レシートを見る。クロ4、シロ1とある。

家族に非はない。

 

大きな店舗なので、レジ係ではなく裏方のミスのようだ。

早速電話をして、近いこともあり、是非届けますとなり、30分近く経ったが、届けてもらった。

 

ピンポンが鳴る。

「間違えた紙袋」を一応手にし、店員にあまり威圧感を与えないようミッキーさんのついたトレーナーをあらかじめ着ておいて、玄関先に出た。

 

店: この度はほんとうに申し訳ありませんでした!こちらが正しい商品になります。

此: ハイ、どうも、すみませんねぇ。

 

と受け取ると、店員は「間違えた紙袋」に手を差し出し、手のひらを上にし受け取り、持って帰った。

 

持って、帰った。

 

いやいや、一度に、望んでいない方の色まで食べたくはない。

間違えた=儲けた!とも思っていない。

慰謝料なんてとんでもない。

ごね得とかは、嫌いだ。

 

とにかく正しいのが食べたかっただけだ。

 

(しかし、爽やかに、持って、帰ったなぁ、、、。)

 

リビングは静寂に包まれたのち、誰もが少し「何か」を期待していたことへの自虐的爆笑に代わり、そしてまたすぐに、「新しい紙袋」に群がる音で騒がしくなったのだった。