せぐの人体実験

メンタル不安定ながらも、不安定な物事が嫌いではない人間のブログ。

無になった。

昨日は身内の手術の下準備の手術、

今日が本当の手術。12時間かかるらしい。

でも、私はフツーにフツーに「無」になるよう普段の生活を送るようにする。

放っておくとあの人この人のことを考えてしまう自分には難しいことだが、、

 

無、といえば、昨夜日の改まりとともにLINEQが終わった。

これから人に何かを聞きたくなったら行き場をどこにしよう、とにかくここがなくなるのはキツい、お小遣い稼ぎのできる似たような行き場はないか、、

でもみんなここがいい場所だった、と書いている人が多かった。

 

私もちょうど体調が悪くなるばかりで、鬱屈としながら安静生活に入っていたから、仮想世界に座り心地のいいソファーのあるリビングを見つけたような気分でありがたく利用させてもらった。

 

ハスに構えながらも面白い話をしてくれる人、性別の分からない返答をしてくれる人、経験したことのないような面白い出来事を話してくれる人、これから先を担ってくれよ!と思えるくらいしっかりした若者。

なにを言いたいかよく分からないものの、よく聞いてみたらとても単純な葛藤に苛まれていた人。

文字だけで様々なものを受け取り受け渡せたならば、LINEQをやっていて、良かったな、と思う。

世の中の苦しい物事を知らずに安静してじっと殻にこもるより、知って、悩んで、考えることを止めずに生きることができた。

 

やはり考えることを止めずに生きることはこれからも続けて行きたい。

 

でかいパラボラアンテナ背負って歩いていたら、それは、私です。