せぐの人体実験

メンタル不安定ながらも、不安定な物事が嫌いではない人間のブログ。

毎年すごくなる、温熱繊維

ズボラな私は、ささやかな思い出残しなのか温熱肌着をここ何年かゆるくなっては、「1つは残して」捨てています。

よく言えばヴィンテージです。

わるく言えばゴミです。

 

そして、その毎年の各社肌着の生地の質感の変化やデザイン(襟元のカットなど)の変化、ヘタリ具合などを比較して楽しんでいます。

 

そんな中で一番楽しいのは、暑い時期にあえてヒート系を着たり、

肌着からは逸れますが、寒い時にひんやり敷きパッドを試すことです。

 

暑くなってからの温熱肌着はマジ暑い。

中学生脱ぎ(アウター着たまま下着を抜き取る技)したくなる。

 

ひんやり敷きパッドは冬に敷くとマジ寒い。震える。

 

 

すごいな、繊維関係の技術革新は!!中空加工の保温・放熱調整加工繊維とか聞くとそれはそれは興奮します。

 

ひんやり敷きパッドで冬にあえて風邪を引くのもオツなもんです。